1. 鈴木製作所 ホーム >
  2. ブログ >
  3. CXW07A

24

6月

2010

FOOMA2010を終えて

ご機嫌いかがですか?
WEB担当の柚山です。

前回のブログでも書いてました「FOOMA2010 国際食品工業展」へ出展し、無事に戻ってまいりました!
期間中の様子なども交えながらご報告させて頂きます。
FOOMA2010 国際食品工業展 は 食品機械・装置および関連機器に関する技術ならびに情報の交流と普及をはかり、併せて食品産業の一層の発展に寄与することとし、「食の安全・安心」に関心が高まる中、食品機械の最先端テクノロジー、製品、サービスを通して、「食の技術が拓く、ゆたかな未来」を提案する。(・・・公式HP開催概要より抜粋) という趣旨で開催されているようです。
食品の製造に関する機器の展示がメインとなるのですが、展示会場を歩いているととても興味深い機械並んでいます。
例えば「もみじ饅頭」みなさんも一度は召し上がられた事があるのでは?私はもみじ饅頭大好きです♪このもみじ饅頭を「型に生地を流し込む」ところから「餡を入れて」「焼き上げて」と。最後には「包装する」という1連の動作をリズミカルにこなすもみじ饅頭製造機がありました。鈴木製作所の近くに出展されていたのですが、焼き上がりのなんとも言えない香りに誘われて行きそうでした(笑)
他にも、お馴染みの食品を製造する自動機械があったり、いったいどこで使うのかまったく分からない!という様な機械があったりと大変に興味深いものでした。

さて、私ども鈴木製作所の展示ですが・・・

今年もピンクです(笑)

今年もピンクのブースです。

なぜ弊社・鈴木製作所のブースがピンクを基調としているのか?それは「SX303N・フラミンゴ」のボディーカラーに由来しています。
パイプフレーム構造と板金構造の融合、そのスタイルから片足で立つフラミンゴを連想し、開発ネームをフラミンゴ、ボディーカラーをピンクとしました。

SX303N フラミンゴ

「SX303N・フラミンゴは」弊社が2009年に発表した横型正ピロー・スイングモーション包装機です。従来の「ボックスモーション」から「スイングモーション」へ動作スタイルを変えた事により、ボックスモーションの様な確かなシール性能をよりリーズナブルな価格でご提案出来るようになりました。

ボックスモーションで実現できる高密封性、シール目の綺麗さ等は大変に価値のあるものです。しかし、ボックスモーション機は高価なのが一般的。「それでは導入できない」と悲しい決断を知られてきたお客様へご提案しているのが弊社のスイングモーションです。機構をシンプルにし、コストを下げる様々な努力をしました。残念ながら万能選手ではありませんが、きっとお客様のお役に立てると信じて羽ばたく日を待つフラミンゴです(^o^)丿

パイプフレーム CXW07A

「長さ・高さ」に高い柔軟性を持つCXW07A。野菜包装から工業製品まで何でもこなす万能機です。
パイプフレーム構造が特徴的なCXW07Aですが、「間欠包装」「バーチカルモーション」という聞きなれない言葉が付く包装機です。「間欠包装」を簡単に説明しますと”1度運転ボタンを押すと1回分動作する”包装方式です。逆が「連続包装」でこちらは停止を押すまで動き続けるタイプですね。この間欠包装はバーチカルモーションと組み合わせるととても強力なペアになるのです!
今度は「バーチカルモーション」について。ホッチキスをイメージして頂けると分かりやすいかも知れませんが”ワニ口の様にパックンパックンと動作するエンドシーラーの動き”を弊社ではバーチカルモーションと呼んでいます。
バーチカルモーションは上下エンドシーラーの開口幅が広く、背の高い製品に柔軟に対応できます。また間欠包装と組み合わせることで、1メートル、2メートルという長さのある包装も可能としています。
言葉だけではご理解いただきにくいと思いますので、今後動画をご用意してご説明させて頂く予定です(^^ゞ

整列・切り離しコンベヤシステム

今回の展示では横型正ピロースイングモーションタイプ包装機のSX303N・フラミンゴを使用し南部煎餅を個包装。横型逆ピローバーチカルモーションタイプ包装機のCXW07Aを使用し、個包装した南部煎餅の5枚集合包装を1つのラインとして接続しデモンストレーションを行いました。
SX303NとCXW07Aの二つの包装機を連結した、整列・切り離しコンベヤがこちらです。
念の為ご説明しておきますが、2台のコンベヤは弊社でもともと所有していたものを転用したものです。ご注文頂く際にはちゃんと同じ幅同じシリーズのコンベヤでご用意しますのでご安心下さい(笑)SX303Nから個包装され排出された南部煎餅を五枚ずらしながら重ねていきます。

イメージとしてはこんな感じです⇒「/////」

これを5枚毎に集合包装を行うCXW07Aへと自動投入していきます。
(動画を掲載しますので、もう少しお待ち下さい。)

包装機をご提案するだけではお客様がお持ちの課題、その本質を解決できない場合もあります。弊社としても前後のライン等も含めて、トータルでお客様の課題を解決できる提案をさせて頂きたいといつも願っております!
ご来場いただきました皆様、わざわざ足をお運び頂きまして、誠に有難う御座いました!

ブログをご覧頂きました皆様、いつもありがとうございます!それだけが私の生きる糧です(笑)
事故など無く、成功裏に展示会への出展を終えられたことを大変嬉しく思っております♪

弊社包装機へのご質問、お見積などのご相談は「お問い合わせメールフォーム」から、お気軽にどうぞ!

関連リンクはこちらから
(さらに…)

2010年6月24日¦ カテゴリ:CXW07A - SX303N - 包装機 - 展示会 ¦ コメント (0)

12

11月

2009

ジャパンパック2009を終えて

ご機嫌いかがですか?
WEB担当の柚山です。

(最初は「ピンクかっ!?」とビックリしました。)

10月20日~23日の4日間、東京ビックサイトで開催されました「ジャパンパック2009」を事故などもなく、終える事が出来ました。・・・と言うのも、すでに3週間前の話ですね(汗)
5日間開催されていたものが、今年から4日間に短縮となりました。4日間の来場者は述べ89,483名!おりからの経済状況等の影響もあって少し少なくなったようですが、それでも大変な来場者があったようです。
弊社は今回「新スイングモーション・横型正ピロー包装機SX303N」通称「フラミンゴ」のイメージからであるピンクをキーカラーにブースをデザインしました。周りのブースで出展されている出展企業の皆様方もカラフルだったですが、遠くからでも良く目を引くデザインに仕上げて頂きました。

「Japan Pack Awards 2009」

記念の盾です!感動です!

今回初めて出展機の中から優秀なものを表彰するという「ジャパンパックアワーズ」という制度が設定され、弊社もエントリーさせて頂きました。そしたらなんと!弊社も『実行委員長賞』を頂く事が出来ました!!

SX303N フラミンゴ(デモ:米菓包装)

生まれたばかりのSX303N・フラミンゴがこの様な身に余る賞を頂けた事は、私達営業、開発製造全メンバーにとって大変に嬉しいことであると同時に、もっともっとお客様のニーズにあった安全で使いやすい製品を作り続けなくては!と身の引き締まる思いになりました。
当日はSX303Nで『米菓』、CXW07AWで『3斤食パン』の包装実演を行いました。

CXW07A (デモ:食パン3斤包装)

会期中は多くのお客様が足を止めて弊社の展示機やビデオ映像をご覧下さいました。本当にありがとうございました!
これからも「お客様がお持ちの課題」をお客様の目線に立ち、お客様と一緒に解決していく。そんな気持ちで日々精進して参りたいと思っております!
何かお困りの事がございましたら、ぜひお話をお聞かせください!!
以上、ジャパンパックレポートでした。
(ご意見、ご感想、コメント等頂けますととても嬉しいです(^^ゞ)

関連リンクはこちらから
(さらに…)

2009年11月12日¦ カテゴリ:CXW07A - SX303N - 包装機 - 展示会 ¦ コメント (0)

2017年8月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031