株式会社鈴木製作所 - Suzuki Machinery

ベビーロック、刺子ミシン、鳩目穴かがりミシン、包装機を山形から世界へ向けて

  1. ピロー包装機(シリーズ別 ¦
  2. タイプ別) >
  3. ロータリー・連続包装タイプ、横型逆ピロー包装機「SP803R」
SP153N

SP803R

横型逆ピロー/ロータリーモーション

エンドシーラーmotion 包装能力 フィルム幅 包装可能寸法
主な仕様、オプション
コンベヤ ダブルチェーン
コンベヤ
レジマーク
センサー
透過型 反射型 切替式
フォーマー スライド
フォーマー
センター
シール目
線目 格子目 ベタ目
エンド
シール目
線目 格子目
エンド
カッター
ストレート刃 ギザ刃 ストレート刃
ノッチ付
ダブルカッター
センサー 空袋防止 噛込防止 フィルム
残量検出
その他 エンドシーラー
高さ調整
エンドシーラー
ガセット
キャタピラー
ブラシ
ガス置換 不着棒
接続可能オプション
プリンタ ホットロール サーマル インクジェット ラベラー
検査機 印字検査 重量検出 金属検出 X線検査
投入機 小袋投入機 製品投入機
凡例
カテゴリ 標準仕様 選択可能 選択不可 その他
包装能力
10~70袋/分
フィルム速度
21m/分
フィルム幅
100mm~380mm
包装可能寸法
(袋サイズ基準)
幅 :30mm~160mm
高さ:50mm(最大)
長さ:75mm~300mm
(オプション:90mm~380mm)
包装フィルム
ヒートシール可能フィルム
※CPP及びPE単体はご利用頂けません。
モーター
200V 200W サーボモーター×1基
200V 200W 三相4Pモーター×1基
電源
三相200V 2KVA(最大)
機械寸法
L3,330mm
W  850mm
H1,400mm
標準コンベヤ長:1,500mm
機械重量
450Kg(標準仕様、供給コンベヤ含む)

幅の広い対応力 逆ピローのスタンダードモデル

葉物、バラもの「何でもこい!」の対応力

製品を下から包み込む様に包装する逆ピロータイプは、対応力の高さが最大の魅力です。正ピローでは難しい麺類や生鮮野菜などにも柔軟に対応します。

また、搬送中にバラバラになりがちな製品もローラーコンベヤを使用する事でトレー等を使わずに包装できますので、経費節減効果も期待ができます。

ズームフォーマーを標準装備していますので、フォーマーの交換無しで様々なフィルム幅に対応できます。

主な包装物:

麺類(乾麺・生麺等)、野菜(ほうれん草、セリ等)、長物製品(長ネギ、ごぼう等)

和洋菓子、加工食品(油揚げ等)、工業製品 など

「使いやすさ」をトータルサポート

制御装置を大幅に変更し「操作性」と「信頼性」を向上させました。

「操作性」「耐久性」「整備性」の3要素を軸に機構部を改善。日々の作業だけでなく、メンテナンスや長くご利用頂く事を考えた「ロングライフ設計」です

10.4インチ大型タッチパネル 直観的な操作性

display3

製品選択画面

「見る&触る」の簡単操作

10.4インチタッチパネルを採用した事で「見る」と「操作する」が直結し、より直観的な操作性を実現しました。

「見やすい&触りやすい」の大型表示

忙しい作業中でも見落としや見間違いがなく、誤操作のない様に操作画面は「大きな文字表示と大きなスイッチ」をテーマにデザインしました。

製品登録&呼出も楽々管理

製品データ登録ページは5枚のページがあります。各ページに10品目、最大50品目ご利用頂けます。部門やカテゴリで分けて設定すれば、管理もラクラク。入力や選択の際のミスを大幅に低減できます。

お客様のニーズに答える高性能 制御装置を新設計

display2

温度管理

display5

左側に調節器を設置

display1

運転画面

実際の『使いやすさ』を重視

温度の調整、確認もタッチパネルで行いますが、それとは別に調節器を設置しました。「どんな状態からでも温度状況が確認したい」というお客様のニーズから「実際の使いやすさ」を考えました。

運転画面も機能毎に分割して表示しています。全てはストレスのない操作を実現する為の工夫です。

コスト削減に貢献

ACサーボモーターと新制御プログラムの採用によりフィルムの無駄を低減しました。フィルムのロス削減と、ゴミの減量でコストとCO2を同時にカットします。

お客様に合わせたカスタマイズに対応

包装物や包装作業上必要なオプション装置はお客様毎に違うもの。各オプション機器に柔軟に対応する高い拡張性を備えています。

安心して長くご利用頂くために 耐久性、保守性

maintenance

パネル開口時

耐久性とメンテナンス性の向上

制御機器を一か所にまとめることによりメンテナンス性を改善しました。これまでは本体後方から行っていた制御機器のメンテナンスを本体前方から行える様にした事で、これまでよりも容易に作業が行えます。

また、制御機器を機械上部に設置した事で、湿気やホコリによる影響を受けにくい構造となっています。

SP803R

(パンフレットイメージ)

 

PDFファイル形式について。

「パンフレット」の閲覧・印刷にはアドビ社が提供するソフトが必要です。詳しくは「ADOBE READER」のボタンをクリックしてアドビ社のページをご参照下さい。

タイプで選ぶ 正ピロー、逆ピロー等タイプ別 シリーズで選ぶ SP、SX等シリーズ別 メンテナンス関係情報 包装機のメンテナンスやサポート関連情報 展示会情報 展示会への出展情報等